毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん) 情報サイト

二の腕 / 太股 / 背中などにできたぶつぶつにお悩みの方に、毛孔性苔癬の情報を発信しています

毛孔性苔癬の基礎知識

毛穴の詰まりが原因?二の腕にぶつぶつができる症状は毛孔性苔癬の疑いが!

投稿日:

この「ぶつぶつ」の正体はなに?

二の腕や太ももに、にきびのようなぶつぶつがたくさんあって困っているという人いませんか?
肌の露出が多い時に、人とぶつかりぶつぶつが触れてしまい嫌な顔された経験ありませんか。どうにかキレイなお肌に近づきたいと思っている人も多いと思います。
自分だけかもと思っている人もいますが、意外と女性は同じ症状で悩んでいる人が多いのです。
実は、このぶつぶつというのは「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」という皮膚疾患の1つなのです。または「毛孔角化症(もうこうかくしょう)」とも呼ばれています。

皮膚疾患ときくと、大変な病気なの?と不安になりますよね。
そこで毛孔性苔癬について、どのような症状なのか、原因、対処法など詳しく学んでいきましょう。
まずは毛孔性苔癬がどのような疾患なのか知ることで上手に付き合っていくことができるのでないでしょうか。

毛孔性苔癬の症状とは?

women-428896_640

毛孔性苔癬の症状は、二の腕や太もも、背中などに出来やすく、ぶつぶつ・ザラザラとしたものが現れます。これは、毛穴に角質が詰まりボコッと毛穴が盛り上がったようになった状態です。ぶつぶつは丘疹(きゅうしん)と呼ばれており、前述したとおり触るとぶつぶつ・ザラザラしています。
丘疹ができたときの見た目の変化としては、ほぼ肌の色も変化がない場合、うっすら赤くなる、赤褐色系の色をしているなど人によって様々です。

また、ほとんどの人は痛みやかゆみなどの自覚症状はありませんが、人によっては軽度の痛みやかゆみが出てくる場合もあります。

もし、丘疹のようなぶつぶつがあって毛孔性苔癬かも!?と思ったらまずは病院を受診することが大切です。

そもそも原因はどこにあるの?

毛孔性苔癬の症状についてご説明してきましたが、そもそも毛孔性苔癬のできる原因は何なのでしょうか。

毛穴がぶつぶつと盛り上がることから毛穴の詰まりが原因とも考えられています。
毛穴に古い角質が詰まってしまうことで起こると考えられているようです。本来、古くなった角質は自然と剥がれ落ちていくものですが、肌の異常など何らかの異常がおこりうまく剥がれ落ちず毛穴に溜まってしまいます。それが重なっていくことで層となり毛穴が盛り上がり丘疹という形で現れてきます。
古い角質をしっかり洗い落とせばいいのでは?と思う人もいらっしゃいますが、これは、体をきれいに洗っていないという問題ではありませんので、患部をゴシゴシ洗わないようにしましょう。

しかし、毛孔性苔癬の根本的な原因は医療が進歩した今でも原因がはっきりとわかっていません。
また、毛孔性苔癬が起こる原因として他に考えられるのは「皮膚腺機能の異常」「ビタミンの欠乏」「遺伝」や「ホルモンバランス」が影響しているといわれています。
遺伝については両親のどちらかが毛孔性苔癬である場合、子供も毛孔性苔癬が起こる確率が高いということから可能性として挙げられています。
また、ホルモンバランスの崩れやすい思春期や妊娠・出産後に発症することも多いので毛孔性苔癬の原因の可能性が挙げられています。

このように毛孔性苔癬は原因が不明であるため治療も難しいのでは?ということから治療を諦める人、病院を受診しない人も多いのですが、皮膚科や専門の医師に相談することで症状悪化を防ぐことはできます。
原因がわからないからと諦めず、まずは医師に相談してみましょう。

誰でも起こることなの??

girls-555657_640

毛孔性苔癬は誰でも症状が起こり得る皮膚疾患の1つです。
前述したとおり思春期の子供には多くみられる症状ですし、早い人は小学校低学年など小さいころから発症する人もいます。

子供のころに発症しても、年齢とともに軽減していくといわれています。
20代以降は徐々に減少し、30代には自然と消えてしまう人も多いようです。しかし、中には跡が残ってしまったり消えない人もいます。

そして、女性の悩みとして多く取り上げられる問題ですが、女性に限らず男性にも発症しえる疾患なのです。
また、この毛孔性苔癬は感染症ではありませんので、他人に触れてしまったからといって疾患が移るものではありません。

しかし、間違ったケアをしてしまうと跡が残ってしまう可能性もありますので、まずは医師に相談し適切なケア方法を指導してもらうことが一番です。

放置するとどうなる…?

毛孔性苔癬を放置し、症状が悪化してしまうと痛みやかゆみが増す可能性があります。
また、跡も残りやすくなる可能性があります。

適切なケアをして長期間での治療をしていかなければなりません。
また、悪化を防ぐため日常生活でいくつか気を付けなければいけないことがあります。

①毛孔性苔癬をゴシゴシこすること

毛孔性苔癬はナイロンや硬めの素材のタオルなどでゴシゴシこすってもサラサラなお肌に戻ることはありません。しかし、お肌の状態をきれいに保つためにも清潔にしておく必要があります。ですから、たっぷりの泡で優しく洗ってあげましょう。

②丘疹をつぶすこと

ニキビ同様に無理やりつぶすことは絶対に避けましょう。無理やり潰してしまうとボコッと凹んだ跡が残ったり、シミが残ってしまう可能性があります。できるだけ、つぶさないように注意しながら過ごしましょう。跡やシミが残ってしまうと、キレイなお肌を取り戻せなくなってしまいます。

③乾燥させないようにすること

皮膚を乾燥させてしまうと症状が悪化する可能性があります。
お風呂上りに顔や手のスキンケアを行うときに毛孔性苔癬のある部分もしっかりと保湿するようにしましょう。保湿することで肌の角化を防ぐことができるので、症状の悪化を防いでくれます。

毛孔性苔癬のホームケア方法

girls-1487826_640

前述したとおり毛孔性苔癬は「毛孔性苔癬のある部位をこすらない」「ぶつぶつをつぶさない」「乾燥させない」の3つのポイントに気をつけて過ごす必要があります。

そのほかにも毛孔性苔癬は自宅でも対処することができます。
軽い症状であれば、ドラックストアなどで販売されている市販薬を使用することで改善する場合があります。
市販薬は尿素・トコフェロール酢酸エステル・グリチルリチン酸モノアンモニウムなど毛孔性苔癬に効果的な成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。
また配合されている量も選択するポイントです。多く入っていれば良くなるという訳ではありませんので、自分の症状にあったクリームを見つけることが大切です。

おすすめの市販薬としては、尿素の配合が10%の「ザラプロ」や尿素の配合が法で決められている最大の20%が配合されている「ニノキュア」がおすすめです。

どれがいいか分からないという場合は、薬局にいる薬剤師や登録販売者へ相談してみるとよいでしょう。
また、市販薬を塗っても1日2日で治るものではありません。角質が生まれ変わるのに2週間ほどかかりますので、2週間は根気よく塗り続けましょう。
効果が表れるのは2週間ほどかかりますが、その2週間の間に肌が柔らかくなっていれば肌質が改善されているので、しっかり成分が効いている証拠です。粘り強く続けて塗っていきましょう。

まとめ

もしかしたら二の腕や太ももにあるぶつぶつは毛孔性苔癬かも!?と思った人はぜひ早めに病院を受診し、適切な治療を始めることをおすすめします。
早期に治療・対処することでキレイなお肌を取り戻せる可能性があります。
ただ、自己判断で市販薬を選んだり、ケアをせずに専門家に相談し、自分の症状にあったケア方法を見つけることが大切です。

-毛孔性苔癬の基礎知識

Copyright© 毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん) 情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.