毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん) 情報サイト

二の腕 / 太股 / 背中などにできたぶつぶつにお悩みの方に、毛孔性苔癬の情報を発信しています

毛孔性苔癬のケア

自宅で簡単に出来る!毛孔性苔癬をキレイにしてくれるダーマローラーとは

更新日:

毛孔性苔癬とはどんなもの?

fingers-1834818_1280

毛孔性苔癬(毛孔角化症)とは、毛穴に角質が詰まり、ぶつぶつが発症する皮膚疾患です。皮膚疾患といっても、誰にでも発症する可能性のあるごく一般的な疾患で、二の腕や肩回り・背中・太もも・頬や顎のラインに出来やすいと言われています。

思春期頃に多く見られ、年齢を重ねることで症状が改善されたり、完治するといわれていました。しかし、最近では大人になってから発症するという人も少なくありません。
毛孔性苔癬の原因は、医療が発達した現在でも解明されていませんが、遺伝性・肥満・ビタミン欠乏・ホルモン代謝の異常などが原因と考えられています。

毛孔性苔癬は、毛穴に古い角質などが詰まって、丘疹(ぶつぶつ)が発症してきます。触るとザラザラとしていますが、痛みや痒みはほとんどありません。たまに、痒みを伴う場合もあります。
皮膚の色も変わらないか薄く赤くなるほどです。
放置していても症状が酷くなることはほとんどありませんし、人にうつることもありません。
このように毛孔性苔癬はそのまま放置しても問題ない疾患ではありますが、やはり肌がぶつぶつしていると気になってしまいますよね。
特に女性は、夏になると露出が多い服装や水着などを着るので、出来ることならすべすべな肌になりたいと強く思うはずです。

毛孔性苔癬の治療は、保険適用内で行う保湿剤や漢方薬での治療や保険適用外で行うレーザー治療やピーリング治療、ダーマローラーなどがありますが、病院に継続的に通う時間も費用もかなり費やしてしまいます。中には長期の治療で精神的にダメージを受けて途中で治療を辞めてしまうという方もいらっしゃいます。

もっと簡単に、手軽に毛孔性苔癬の治療は出来ないものかと思っている人も多いと思います。
そこで、ご紹介したいのが「自宅で出来るダーマローラー治療」です。

そもそもダーマローラーってどんな治療法?

summerfield-336672_1280

美容外科クリニックで毛孔性苔癬の治療やニキビ跡に対しての治療として多くのクリニックが取り入れている「ダーマローラー」。ダーマローラーとは一体どんな治療法なのでしょうか。

ダーマローラーとは、とても細い針が数百本取り付けられたローラー状の機器を患部の上で転がし、目に見えないほどの穴を皮膚に開けていきます。つまり、皮膚を傷つけていくことになります。傷をつけることで人間本来が持っている傷を治す力(創傷治癒力)を高め、肌の奥でコラーゲンの生成を促し、肌再生をさせていくという治療法になります。ダーマローラーの施術後、約2か月はコラーゲンが増え続けるといわれています。
肌を再生させることで毛穴を引き締め、肌のキメを整えてくれるので、キレイな肌へとよみがえらせることが出来ます。
また、元々の肌の働きや細胞を増殖させて肌を再生していくので長期間キレイな肌を保つことが可能となります。

数百本の極細の針がついたローラーと聞くと、背筋がゾッとしてしまいそうですが、治療をする際は麻酔薬を塗布しますので、殆ど痛みを感じることはありません。また、目に見えて皮膚に穴が開いているのが見えることもありませんので安心です。
ただし、ダーマローラーの治療は少なからず皮膚を傷つけての治療になりますので、施術中に多少血が出てきたり、術後に患部が腫れたり、赤みがでる場合がありますので、治療を受ける際は術後の事も頭に入れておく必要があります。

ダーマローラーの治療は、症状によって期間は異なりますが、2~6週間ごとに6回ほど繰り返し、3か月程の時間をかけて肌を再生させていきます。

自宅で出来るダーマローラー。必要なものは?

麻酔をしようしたり、極細の針がついたローラーを使用しなければいけないダーマローラーの治療ですが、必要なものを揃えれば自宅での治療も可能です。

ダーマローラー治療を行う際に必要なものは以下になります。
〇ダーマローラー
〇塗る麻酔クリーム
〇リポペプチド
〇ラップ
〇アイス枕

では、詳しくご紹介します。

①ダーマローラー

一口にダーマローラーといっても種類は様々です。販売会社はもちろん、針の細さや長さ、1回だけの使い切りタイプや何度も使えるタイプなど色々と異なってきます。
やはり、肌に直接刺激を与えるわけですので、安心で安全なものを選ぶ必要があります。日本製や米国FDA認可の商品など安全面においても信用性においてもしっかりと見極める必要があります。安いからと言って飛びついて買った商品の衛生状態が悪く炎症を起こしてしまったり、中には針が皮膚内で抜けてしまったというトラブルもあるようですので注意しましょう。稀に、新品でも針が曲がっている・折れているということもありますので、商品が届いたらまずは1本1本確認して問題ないことを確認しましょう。

肌を再生するために肌の奥深くまで刺激を与えなければならないからといって、2.0㎜~3.0㎜を使用しているという人も多いですが、0.3㎜~0.5㎜のもので十分といわれています。あまり長いものを使用してしまうと、麻酔薬を塗布していてもそれだけ痛みが強くなりますし、色素沈着などのリスクも上がります。痛みが強ければ継続的に行うのもつらくなってしまいます。ですから、ダーマローラーを購入の際は0.3㎜~0.5㎜を目安に購入すると良いです。

<おすすめダーマローラー>
1)ダーマローラー社ダーマローラー
HC902
<出典元:ダーマローラー社>

こちらのダーマローラーの針は、マイクロ針を使用しています。マイクロ針は蚊の針を応用してできたもので、肌に刺しても痛みが少なく、肌の傷を最小限に抑えることが出来ます。国際特許取得のテクノロジーで、KAIST(韓国科学技術院)により開発されたFDA承認済みでもありますので、安全といえるでしょう。
2)ラヴィス リードロール
31V1RikammL
<出典元:Amazon>

ラヴィスのリードロールは日本製です。こちらの針もダーマローラー社ダーマローラーと同じくマイクロ針を使用しています。
肌に馴染むように転がすことができ、とても使いやすいローラーです。日本製ということで、こちらを使用して治療や美容機器として利用している方も多いです。
値段は15000円前後となっています。
3)Dr.AQUA ダーマローラー
item_photo_derma
<出典元:Dr.AQUA>

こちらもFDA承認済みのダーマローラーで、医療用チタンニードルを使用しています。自宅で使用するので0.25㎜以下のものになります。10㎜の針を内部に埋め込み、0.25㎜が突き出すように作られているので、針が抜け落ちたり、肌内部に残る心配がありません。1本あたり7,500円(税抜)とお値段も財布にやさしくなっています。
4)ジープラス化粧品 ヴィーナスローラー
vr
<出典元:ジープラス化粧品>

こちらのダーマローラーの針は0.3㎜となっています。針の素材は注射針と同じ医療用ステンレスを使用していますので、アレルギーがある方や肌が敏感な方にお勧めです。
また、このダーマローラーは日本人皮膚科医と形成外科医チームによる臨床試験を経て開発されたダーマローラーですので安全性も高いです。

②塗る麻酔クリーム

<おすすめ麻酔クリーム>
1)ラクサールクリーム
007321_racser
<出典元:>オオサカ堂>

治療を行う患部にクリームを塗ってから30分程で麻酔の効果が出てきます。効果が出るまでは多少時間がかかってしまいますが、値段は1本あたり30g/約2,534円になります。海外輸入品ですので、類似品があることも考えられますので、信頼できる店で購入してください。
2) エムラクリーム
012549_prilox
<出典元:>オオサカ堂>

こちらも海外輸入品の麻酔クリームです。このエムラクリームは使用後30分~1時間ほどで麻酔が効いてくるようです。麻酔効果も高く、副作用もさほどないといわれています。稀に、塗った場所がヒリヒリしたり腫れたりするようです。
値段は1本あたり5g/約1,361円になります。ラクサールクリームに比べて値段は安いですが、容量は少ないです。試しに使用する分にはちょうど良いサイズです。

先程も説明した通り、麻酔クリームは副作用を伴う場合があります。購入の際・使用の際はしっかりと説明を読み、正しく使用してください。

③リポペプチド

リポペプチドはコラーゲンの生成を助ける働きをしてくれます。ダーマローラーで人間本来が持っているコラーゲンを生成する働きをより効果的にしてくれ、細胞の働きを活発化させ、肌をよみがえらせる手伝いをしてくれます。
リポペプチドを塗ってからダーマローラーを転がしましょう。

④ラップ

麻酔クリームを塗ったところを覆うのに使用します。そうすることで、麻酔の効き目をよくさせる働きがあります。患部を覆う形ですので、長めのものを準備しておきましょう。また、巻き忘れや隙間が空いてしまったときの為に、小さく切ったものも準備しておくとよいです。

⑤アイス枕

アイス枕は予備の為に準備しておくと便利です。麻酔クリームが切れそうになったとき、まだダーマローラーをしていない箇所が残っていた場合に患部を冷やすことで痛みを軽減できますし、再度麻酔クリームを塗る手間を省いてくれます。

準備が出来たら治療をはじめましょう。

治療を開始しよう!

beautiful-71493_1280

必要なものがすべてそろったら、早速始めましょう。

①体を洗う

麻酔クリームをしようしたり、ダーマローラーで皮膚を傷つけていくことになりますので雑菌が入らないように体をキレイにしましょう。シャワーやお風呂に入った後は、清潔なタオルで拭き取るようにします。

②麻酔クリームを塗る

麻酔クリームは使用するクリームの使用方法に従って行ってください。
患部に麻酔クリームを塗布したら、ラップを巻き付けます。どの部分から施術していくか考えて順番に麻酔クリームを塗るようにしてください。
巻き忘れ、隙間などが出来てしまった場合には焦らず、準備しておいた小さめのラップを張り付けましょう。
巻くことを躊躇せずグルグルと巻いたら、麻酔が効くのを待ちます。

③麻酔クリームを洗い流す

麻酔クリームを洗い流すのに時間をかけてしまっては、麻酔が切れてしまう可能性がありますので素早く洗い流してください。

④リポペプチドを塗布する

リポペプチドを塗布する場合は、このタイミングでつけてください。

⑤ダーマローラーで患部をゴロゴロする

ここでダーマローラーの登場です。1か所の目安はローラーを約5往復ゴロゴロします。最初は怖いと躊躇してしまう方もいますが、押しが弱いと肌の奥まで刺激することができませんので、しっかりとゴロゴロするように心がけると良いです。
血漿がにじみ出るくらいの強さで転がすとベストです。

⑥リポペプチドを再度塗布する

最後にリポペプチドを塗布することでより効果を発揮させることが出来ますし、肌を鎮静させることが出来ます。
リポペプチドではなく、コラーゲン生成を助けてくれる働きのあるビタミンCやビタミンEなどが含まれた美容液をたっぷり塗っても良いです。美容液をたっぷり含ませたシートパックを張り付けるのでもよいでしょう。
また、美容液を塗った後にアイスタオルなどでしっかりと冷やして肌を鎮静させることもおすすめです。

初めてのときは、躊躇したり、アタフタしてしまうこともありますが、慣れると手際よく施術することが出来ますので、それほど時間をかけずに治療することが出来ます。

ダーマローラーをゴロゴロ転がした後は、肌が真っ赤になりますが、2~3時間ほどで落ち着いてきます。
肌に傷をつけていますので、術後2~4日は刺激に弱く、乾燥しやすくなっています。乾燥や紫外線など刺激からしっかりとお肌を守るようにしてください。

アフターケアはとても重要

arm-1846468_1280

前述しているとおり、ダーマローラー治療は肌に穴を開けて傷をつけていることになりますので、しっかりとケアすることが大切です。
術後数時間で傷口は閉じますが、刺激を受けやすく、乾燥しやすくなっています。
メイクは翌日から可能ですが、乾燥予防のために肌に水分をたっぷりと与え、乾燥を防ぐために保湿剤を塗布すると良いです。紫外線防止には日焼け止め、日傘・UV加工が施されているカーディガンなど念入りに対策を行ってください。
入浴やボディソープなどは当日から可能です。

アフターケアが行き届いていないと、炎症や色素沈着など肌トラブルを引き起こす原因にもなりますので、やりすぎかもと思うくらいケアをすることをおすすめします。
だいたい1週間くらい念入りに行うと良いです。
針の長さにもよりますが、毛孔性苔癬の治療におすすめの0.25㎜~0.5㎜のダーマローラーを使用する場合は、2~3週間置きに5回ほど施術を行ってみましょう。

また、術後にかさぶたが出来てしまうこともありますが、無理に剥がさす、自然に剥がれ落ちるのを待ってください。内出血を伴う場合も考えられますが、数日ほどで消えます。万が一、肌に異常がみられる場合は速やかに医師に相談してください。

ダーマローラーのアフターケアも大切です。使い切りの場合は、そのまま適切な処分法で処分して構いませんが、何度も使用するタイプは清潔に保ち、キレイに保管しておきます。ゴミや雑菌がついてしまうと、施術するときに肌の炎症に繋がります。使用前・使用後は丁寧に消毒を行い、清潔なものを使用するようにしてください。

まとめ

shelf-1284359_1280
自宅で出来るダーマローラー治療のご紹介をしましたが、いかがでしたか。
毛孔性苔癬の治療は、皮膚科や美容クリニックですることが可能ですが、時間も費用もかかります。何度も病院へ通うことがストレスになってしまうことも考えられ、そのことで治療を断念するひとも少なくありません。
自宅で治療が出来るとなれば、ダーマローラーや麻酔クリームを購入する費用はかかりますが、美容外科での治療費を考えると、とても安価に試すことが出来ますし、自分のタイミングで治療することができますので精神的負担は軽くなると思います。
しかし、麻酔クリームを使用したり、肌を傷つけることになりますので念入りな準備と注意が必要です。
メリット・デメリットを十分に考えたうえで使用していくように心がけてください。
使用後に何らかの肌トラブルがあった場合は、自分で対処しようとせず、すぐに医師に相談することも大切です。使用上の注意をしっかり守り、キレイなお肌を手に入れましょう。

-毛孔性苔癬のケア

Copyright© 毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん) 情報サイト , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.